HOME >> 段ボール昔はなし >> 走ったり這ったり

走ったり這ったり

シンプルな方法で遊ぶと言えば、輪切りにした段ボールに足を入れて走る電車ごっこがお勧めです。

きれいな色を塗れば、色とりどりの電車が出来上がりますし、窓や行き先などを描いた本物そっくりの電車を作ることもできます。

子供なら一度はなってみたい職業である、車掌になることができるので、電車ごっこは人気の遊びです。

また、その段ボールを横に寝かせれば、戦車や工事車両で使われる無限軌道のようになり、中に入って這うという遊び方に早変わりです。

電車ごっこの時と同様、色付けが容易なので、車輪をたくさん描けば無限軌道らしいものになります。

どちらも1人で遊ぶことができますが、数人で遊ぶことも可能なので、人数によって遊びを膨らませることができるというところも嬉しいところです。

保育園や幼稚園などの運動会の種目としてや、子供会や地域の活動などでも行われることが多い代表的な遊びであり、走るだけ又は這うだけという技術が必要ないシンプルさが、現代でも多くの子供たちに受け入れられています。


段ボール昔はなしは情報収集にお役立てください。

段ボール紙で書いて紙芝居やがありました、段ボールで作ってあるめんこでは、良く遊んだ記憶もあります