HOME >> 段ボール昔はなし >> 段ボールで考える環境

段ボールで考える環境

段ボールで環境問題について考えてみましょう。段ボールで環境を考えるというと、段ボールで堆肥を作り生ゴミを減らしましょう、といったことを考えつきます。でも、ここでは段ボールのリサイクルから、環境問題につて考えることにしましょう。段ボールのリサイクルは新聞紙と並んで回収率のよい商品の一つです。段ボールは古紙回収業者によって多くが集められる仕組みになっており、そのシステムはほぼ完全にできあがっています。家庭で燃えるゴミとして出さない限りは、ほとんどが古紙として活用できています。業務用の段ボールはまとめて回収できるのですが、家庭のダンボール箱なども、自治会などが段ボールを集めて古紙業者に売る仕組みができています。売り上げは自治体の資金に充てられます。焼却の費用を少しでも減らし、自治会等の資金を調達できるすばらしい仕組みだと思います。
集められた段ボールは、インクを取り除くなどした後、また新しい段ボールとして生まれ変わります。新しい紙はほとんど使われません。資源を有効活用するという点で、これほどよくできたシステムはないと思います。一方で、リユースのよい例として牛乳瓶のシステムが見直されてもいます。確かに牛乳瓶は洗って何度も使えますが、空の瓶を運ぶのにかさばるうえ、ガラス瓶だと割れやすいというデメリットもあります。段ボールの場合、回収する場合でも小さく折りたたんでしまえるので、カラの場合かさばりません。リユースという考えでは、段ボールの表面に印刷されたキリトリ線に沿って解体し、組み立て直すと、ファイルボックスや収納ボックスに生まれ変わるといったリユースの取り組みも試験的にはじめられています。


段ボール昔はなしは情報収集にお役立てください。

段ボール紙で書いて紙芝居やがありました、段ボールで作ってあるめんこでは、良く遊んだ記憶もあります