HOME >> 段ボール昔はなし >> 段ボールで楽しむ親子の会話

段ボールで楽しむ親子の会話

段ボールは簡単に手に入るので、子供の工作をするのにはうってつけの材料です。段ボールとハサミ、ノリを与えておくだけで、子供たちは勝手に何かを作り始めるでしょう。時にはお父さんも参加して,一緒に楽しんではどうでしょう。例えば、節分なら大黒様や鬼のお面を作ってみましょう。大事なのは親子の会話。大人から見れば、鬼なんだかウシなんだかよくわからないものを作るかもしれません。でも、そこはしっかり褒めてあげましょう。自分で作ったお面はその子にとっては大切な思い出の品になるのです。
段ボールで工作を作るのは小学校の低学年くらいでしょうか。それ以上になると「なんだ、小さい子供でもあるまいし」と、かえって敬遠されてしまいます。しかし、小学校高学年から中学にかけては親子のコミュニケーションがなくなってくる時期で、しかもコミュニケーションが最も大事とされる時期です。親子関係がうまくいっていないと高校生になってからの対処がもっと難しくなってしまうからです。大きくなったら段ボールの箱庭等の模型を一緒につくりながら親子の対話を図っていきましょう。飛行機模型など大人も楽しめるものなら、何でも良いです。焦ることなく、黙って作業しているうちにぽつぽつと語り出すのを待ちましょう。一緒に作業をしている時間を持つ事がポイントです。子供扱いせず、同じ趣味を持つものとして対等なつき合いができるよう、大人も成長していくことを心がけてください。


段ボール昔はなしは情報収集にお役立てください。

段ボール紙で書いて紙芝居やがありました、段ボールで作ってあるめんこでは、良く遊んだ記憶もあります