HOME >> 段ボール昔はなし >> ダンボールの活用法今昔

ダンボールの活用法今昔

段ボールはいろいろなところで使われています。段ボールが発明された頃は手動の機械で紙を波打たせただけのものでした。用途については、19世紀の中頃の英国で流行していた貴族が襟元に汗取り用に巻いていたものを、波打った紙で代用したらしいといわれています。その後、シルクハットの内側に段ボールが利用され、額の汗取り用として特許もとられています。19世紀末の米国では、瓶やランプなどガラス製品の包装用に使われるようになりました。段ボールの上にビンを並べる方法や、箱を作る方法、ビンに段ボール紙を巻き付ける方法などが試されたようです。緩衝材として段ボールを使い始めたのがこの頃からでしょうか。
日本では、明治時代に電球の緩衝材として段ボール紙が用いられました。名前もその頃は、「電球包み紙」と呼ばれていたそうです。当時から段ボールは国産が主だったようで、日本に輸入されたごくわずかの海外製段ボールは、「しわしわ紙」、「なまこ紙」と呼ばれていたそうです。その後、 波形段ボール紙の両面に段ボール紙を張り付けた両面段ボールが開発され、化粧品用の包装用紙にも使われるようになりました。太平洋戦争の最中は、鉄・木材が軍需に優先されたため、段ボールがそれらの代用品として利用されました。戦後は輸送が貨車からトラックに替わり さらに段ボールの需要が増しています。現在では、緩衝用資材として多くの場所で用いられているだけでなく、簡易な整理ボックスや書類をまとめるファイルなどの文房具にまでその利用は幅広くなってきています。


段ボール昔はなしは情報収集にお役立てください。

段ボール紙で書いて紙芝居やがありました、段ボールで作ってあるめんこでは、良く遊んだ記憶もあります