HOME >> 段ボール昔はなし >> 昔ならではの遊び方

昔ならではの遊び方

現代はゲーム機器という物も多いですから、昔と比べて遊ぶ場所やそのための物というのは大きく増えてきたと思います。

簡単に言えば、子供がおままごと一つするのにしても、そのための道具を簡単にそろえられるのが現代になるでしょう。

玩具のテーブル、包丁、野菜など、それらがあればたかが遊びといえど、まるで本当に調理しているような感覚で子供は楽しめるはずです。

昔には無かったものかもしれませんが、そんな現代だからこそ見落としがちな物があるという事に皆さんは気づいているでしょうか。

その見落としている物というのが「昔ならではの工作をして楽しむ遊び」という物です。

例えばおままごとをするにしても、テーブル一つ用意するのが大変でダンボールなどで代用してきたという人も居る事でしょう。

玩具の包丁何か無くて、という事もあり、ダンボールを切り貼りしてそれらしい形を作り上げてきたという方も多いはずです。

せっかくですから、そういったダンボールでの工作を極めて楽しめるようなものを、現代にも受け継いで頂きたいと思います。

何でも購入すれば良いというだけではなく、自分の理想の物やそういう形を作り上げるというのも、遊びの楽しみ方の一つではないでしょうか。


段ボール昔はなしは情報収集にお役立てください。

段ボール紙で書いて紙芝居やがありました、段ボールで作ってあるめんこでは、良く遊んだ記憶もあります