HOME >> 段ボール昔はなし >> 素材を意識した変化

素材を意識した変化

昔から利用されてきているダンボールというもの、それらの素材を生かしたものというのはどれだけあるのでしょうか。

そうして考えていくと様々なものが思い浮かぶかもしれません。

身近な素材というのはダンボールのような紙やビニール、プラスチックや木材などというものがあるでしょう。

そういった素材などを上手く利用し工夫していく事で、商品が新しいものになっていくのではなでいしょうか?

皆さんの身近にあるもの、それらは同じ素材ばかりで作られているわけでは無いでしょう。

時には様々な素材を利用して工夫され、作り直される事もあるはずです。

その場その場に合わせた素材で作られるからこそ、人々が使い続けられるようなものでもあると思いますし、そうして何気なしに利用しているものでも、何かと工夫がされていたりもするのです。

素材を意識し、それらを活かすにはどうしたら良いのかというのを考えていく必要がありますし、逆にどういった場所ならば活きるのかというのを考えてみるのも良いでしょう。

紙という素材が元になっているダンボールでさえも、利用の仕方によっては大幅に活躍する事もあると思います。

商品を作っていく会社から、そして自分なりにオリジナルで工作をしていく一般人まで、作るものを考える人や利用する人というのは様々だとは思いますが、それらを意識するのはとても重要な事だと言うことが分かります。


段ボール昔はなしは情報収集にお役立てください。

段ボール紙で書いて紙芝居やがありました、段ボールで作ってあるめんこでは、良く遊んだ記憶もあります