HOME >> 段ボール昔はなし >> 昔から資源は大切に

昔から資源は大切に

昔に比べて今の方が資源の重要性が公言されているとは言えど、昔から無駄にものを使ったり資源を使ったりという事は控えられてきていたと思います。

それでもやはり、皆さんの身近には無駄が多く出ていたり、今でも様々な資源問題などが目に止まる事も多いのではないでしょうか。

そうして考えていくと、少し前から使われるようになってきたダンボールというものは、様々なものに利用できる上、リサイクルなどで生まれ変わる事が出来る素敵な素材になると思います。

昔はリサイクルに関する事なんかは中々目を向けられなかったりしていたかもしれません。

ですが今では多くの人がそれに目を向けて、少しでも資源の利用を削減しようなどという運動や声かけに回っている事もあるのです。

昔から資源は大切にされてきたと言えど、それの度合いが大きく変わってきたという事になるのでしょう。

皆さんの身近なもの、それらは大切に扱っているでしょうか?

使えなくなったからと言って直ぐにゴミに出してしまっては居ないでしょうか。

またダンボールやペットボトルのように、リサイクルが利くものはちゃんと分別しているでしょうか。

これらに充分注意していく事で、昔から今に繋がる資源問題の解決が一歩前進するのではないかと思われます。


段ボール昔はなしは情報収集にお役立てください。

段ボール紙で書いて紙芝居やがありました、段ボールで作ってあるめんこでは、良く遊んだ記憶もあります