HOME >> 段ボール昔はなし >> 今と昔のダンボールの使い道

今と昔のダンボールの使い道

ダンボールの使い道と言うのは色々なものがあると思うのですが、今と昔のそれらの違いと言うのは何なのでしょうか。

やはり人による開発なども色々と変化してくるはずですので、たかがダンボールと言えど昔に比べてそれらの強度などが上がってきているようにも思えるのではないでしょうか。

強度や見た目の変化と言うのは使い道の幅を広げるのにも利用していく事が出来ると思いますし、昔と言うのはやはり物を運ぶためであったり、今と同じく何かしらの梱包に利用されていたものだとは思います。

ですがその強度と言うのはある程度一定されているものも多く、今に比べると多少脆い面も多かったのではないでしょうか。

当然それらダンボールと言うのはクラフト紙から出来ていますから、雨や湿気などにも弱かったと思いますし、現代のようにそれらに強いダンボールと言うものが開発されている訳ではありません。

ですからこうしてみていくと、今と昔のダンボールなどに関する違いと言うのは様々なものがあると思いますから、そう言う点に関して一度注目する事で、使い道を新たに見出す事が出来るのではないでしょうか。

面白い使い道や、より良い有効活用何かをしていく事ができれば、これから先もっと技術的に発達が見られ今以上に変えていかなければならない点と言うのが見つかるはずです。


段ボール昔はなしは情報収集にお役立てください。

段ボール紙で書いて紙芝居やがありました、段ボールで作ってあるめんこでは、良く遊んだ記憶もあります